京都市下京区 丹波口/四条大宮/五条大宮|ぜんそく(喘息)外来・咳喘息・呼吸器科|横村医院

075-841-2380|9:00~12:00、15:00~18:30 休診:木・土午後・日・祝

ぜんそくコラムぜんそくコラム

現在のページ位置

かぜ薬、痛み止め、熱を下げる薬でおこるぜんそく発作

2012.08.02 | (咳)ぜんそく,長引く咳,かぜ
タグ : , , , ,

成人のぜんそくの約 10% の方は、

アスピリン様の薬効を持つ薬(※)の

内服、注射、坐薬の使用直後から1時間以内にぜんそく発作をおこすという報告があります。

 

※とは

①かぜ薬(医療機関で処方されたもの、市販のもの両方)、

②痛み止め、

③熱を下げる薬

などの非ステロイド性抗炎症薬のことで、

必ずしも “アスピリン” だけが原因ではありません。

 

 

既にぜんそくや咳ぜんそくと診断されている方、

診断されたことがある方は、

かぜ薬や痛み止め、解熱薬などを安易に自己判断で飲まないことが大事です。

 

 

また、万が一知らずに、またはやむをえず内服し、急に発作が悪化した場合は、

重篤な発作になる可能性がありますので、

急に息が苦しくなった場合は迷わず救急外来のある病院への受診(または119番)を考えてください。

付帯情報

ブログ・医院からのお知らせ

  • 院長ブログ

内科・呼吸器科 横村クニック内科・呼吸器内科横村内科

京都府京都市下京区大宮通松原下る西門前町424

075-841-2380

※ ご予約・お問い合わせは、 診療時間内にお電話ください。
 

診療時間
9:00~12:00
14:30~18:00

★…木曜は 予約診療のみ
▲…土曜は 9:00~15:00(初診の方は12:00以降の予約制)
休診日:土曜午後・日曜・祝日

詳しい医院情報はこちら