京都市下京区 丹波口/四条大宮/五条大宮|ぜんそく(喘息)外来・咳喘息・呼吸器科|横村医院

075-841-2380|9:00~12:00、15:00~18:30 休診:木・土午後・日・祝

院長ブログ院長ブログ

現在のページ位置

SNOW MAGIC FANTASY

2014.01.23 | 院長ブログ,音楽,医学

2014年もあっという間に1月下旬となってしまいました。

 

 

ブログの更新をしない間に、

 

気温はどんどん低下、

 

日本全国でインフルエンザとノロウイルスの大流行、

 

当院では、

 

「かぜは治ったけれども、咳だけが残ります・・・」

 

という、典型的な、「咳がとまらない」方の受診が増えてきました。

 

 

スポーツ界では、

 

HONDA 選手のミラン10番入団、トップ下での先発デビュー、

 

楽天 TANAKA 選手のヤンキース入団決定、

 

いよいよソチ五輪も近づいてきました。

 

 

診療の合間に、

 

先日、ラジオで聴いてから、

 

頭の中で heavy rotation 状態になってしまった、

 

昨日発売の、

 

“SNOW MAGIC FANTASY”

 

というCDを買ってきました。

 

 

3つも購入の選択肢(CD, CD+DVD, CD x2)があり、

 

5分位迷った挙句、

 

映像の入った“DVDあり”を選択、

 

早速再生しました。

 

 

「ジャケット撮影風景メイキング映像」という数分の映像の中で、

 

一番鮮烈に記憶に残ったのが、

 

Show Produce, Pf 担当の Saori さんが、

 

「コホッ、コホッ、、、コホッ、コホッ、」(?)

 

とほんの一瞬、4回位咳をされていたシーンでした。

 

 

診療時間以外も、

 

「咳」に敏感になるのは、

 

いわゆる“職業病”でしょうか・・・。

 

 

 

最近、渡辺和子さんの新しい著書を読みました。

 

 

その中で、医療(看護)で最も大切なことが書かれていました。

 

 

「看護の原点は、「看」という字が示すように、

 

温かい「手」と「まなざし(目)」であることを忘れてはいけない」

 

 

医療において、

 

機器や薬剤の開発など、技術の進歩はもちろん重要ですが、

 

看護(医療)の原点は温かい手とまなざしで、

 

そのぬくもりにより人の心は癒され、満たされる、

 

何でもワンクリックで簡単に手に入ってしまうこの世の中で、

 

おろそかにされかけている重要なことだと再認識させられます。

 

 

これは、難しいことではありますが、

 

特別な能力がなくても、

 

優しい“心”があれば、

 

誰でも実現できることだと思います。

 

 

 

本当に遅くなりましたが、

 

数少ないフォローをしていただいている皆様、

 

本年も私のつたないブログを、

 

よろしくお願いいたします。

DSC_0786

付帯情報

ブログ・医院からのお知らせ

  • ぜんそくコラム

内科・呼吸器科 横村クニック内科・呼吸器内科横村内科

京都府京都市下京区大宮通松原下る西門前町424

075-841-2380

※ ご予約・お問い合わせは、 診療時間内にお電話ください。
 

診療時間
9:00~12:00
14:30~18:00

★…木曜は 予約診療のみ
▲…土曜は 9:00~15:00(初診の方は12:00以降の予約制)
休診日:土曜午後・日曜・祝日

詳しい医院情報はこちら