京都市下京区 丹波口/四条大宮/五条大宮|ぜんそく(喘息)外来・咳喘息・呼吸器科|横村医院

075-841-2380|9:00~12:00、15:00~18:30 休診:木・土午後・日・祝

院長ブログ院長ブログ

現在のページ位置

MEGA CRISIS

2016.09.07 | 院長ブログ,自然

皆さん、9月になりましたが、

 

まだまだ毎日、

 

「暑い!」

 

ですね。

 

 

 

最近、NHKスペシャルの、

 

「MEGA CRISIS 巨大危機~驚異と闘う者たち~ 第1集 加速する異常気象との闘い」

 

という番組を見ました。

 

 

迷走しながら、史上初めて東北東部に上陸した台風10号が、

 

北海道・東北地方に甚大な被害をもたらした原因は、

 

2016年8月の日本近海の海水温が、平年と比べ、1~5℃ほど高かったことから、

 

大量の水蒸気を取り込んで、勢力を維持したことにあるようです。

 

 

また、地球温暖化により、

 

台風の勢力が最も強くなる地点が、30年で150kmも北上しているようです。

 

 

「北海道の辺りまで進むと、台風は熱帯低気圧に変わる」のは、

 

完全に過去の話になってしまいました。

 

 

 

北極圏では、「永久凍土が溶ける(永久ではないですね…)」現象が起きており、

 

その凍土中に多く含まれるメタンガス(温室効果ガス)の大気中への大量放出が、

 

次々に報告されているようです。

 

 

ちなみに、メタンガスの温室効果は二酸化炭素の28倍…、

 

北極海の氷の減少も、深刻な地球温暖化の原因になっています。

 

 

 

2100年頃には、平均気温が4℃上昇するとの予測もあり、

 

そうなると1時間あたりの降水量が300mm以上になるところも…、

 

いや、それ以前に、

 

もはや、人間が普通に生活できない環境(気候・気温)です。

 

 

 

番組では最後に、

 

巨大積乱雲(supercell)の脅威を紹介していました。

 

 

 

特に、私が常々心配している、

 

雷が医療機関に襲いかかった時に、

 

どのようなことが想定されるかというシュミレーションも行っていました。

 

 

結論から言うと、

 

どうしようもない恐ろしいことが起こります。

 

 

もちろん、医療機関に限った話ではありませんが、

 

多発・連続する巨大な雷に襲われると、

 

落雷に伴う電磁波等で、

 

重要な電子機器はほぼダウンしてしまい、

 

重要な情報や医療機器が使用・修復不可能な状態になります。

 

 

対策が思いつきません…。

 

 

じわじわと進行する地球温暖化の脅威、

 

温暖化する原因は、人類の環境破壊に伴うものが多く、

 

自己責任と言えばそれまでですが、

 

もはやどうすることもできないのでしょうか??。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

付帯情報

ブログ・医院からのお知らせ

  • ぜんそくコラム

内科・呼吸器科 横村クニック内科・呼吸器内科横村内科

京都府京都市下京区大宮通松原下る西門前町424

075-841-2380

※ ご予約・お問い合わせは、 診療時間内にお電話ください。
 

診療時間
9:00~12:00
14:30~18:00

★…木曜は 予約診療のみ
▲…土曜は 9:00~15:00(初診の方は12:00以降の予約制)
休診日:土曜午後・日曜・祝日

詳しい医院情報はこちら