京都市下京区 丹波口/四条大宮/五条大宮|ぜんそく(喘息)外来・咳喘息・呼吸器科|横村医院

075-841-2380|9:00~12:00、15:00~18:30 休診:木・土午後・日・祝

院長ブログ院長ブログ

現在のページ位置

何があっても

2012.11.19 | サッカー

昨日は京都サンガFCと大分トリニータの、

J1昇格をかけた試合(プレーオフ)が西京極でありました。

 

結果は残念ながら 0-4 の完敗、

プレーオフになるとかなり苦しいとはわかっていましたが・・・、

0-1 などの中途半端な負け方でなかったことが救いです。

 

京都サンガは、最もJ2に降格した回数が多いという不名誉な記録もありつつ、

その都度J1に復帰していたわけですが、

今年も3位になりながら、

新たに導入された3-6位で争う新制度の壁に跳ね返されてしまいました。

 

試合終了直後に西京極のスタジアム前をちょうど通りかかったのですが、

肩を落として歩いて帰るサポーターを数多く見かけました。

 

それだけでなく、テレビの前で応援していた方、

仕事中にPCや携帯電話で試合経過の速報を何度も更新して確認していた方、

そのほかすべての応援していた方の気持ちが選手にどのくらい伝わっているのだろうと考えてしまいました。

 

シーズンが終わると、特に昇格を逃した年は、

多くの選手が移籍します。

 

また、若い選手がトップチームに上がり、

他のチームで戦力外通告を受けたベテランの選手が入ったり、

監督やGMが変わる可能性もあります。

 

 

ただし、何があろうとも変わらないこと、

 

それは私が、

 

「何があっても京都サンガFCを応援し続ける」

 

ということです。

 

 

天皇杯の結果を見てもわかるように、

J1とJ2の差は年々小さくなり、

一度降格してしまうと、簡単には昇格できません。

 

来シーズンは、スタジアムにも表示されていたように、

どうか良い方向に、”change” してほしいです。

付帯情報

ブログ・医院からのお知らせ

  • ぜんそくコラム

内科・呼吸器科 横村クニック内科・呼吸器内科横村内科

京都府京都市下京区大宮通松原下る西門前町424

075-841-2380

※ ご予約・お問い合わせは、 診療時間内にお電話ください。
 

診療時間
9:00~12:00
14:30~18:00

★…木曜は 予約診療のみ
▲…土曜は 9:00~15:00(初診の方は12:00以降の予約制)
休診日:土曜午後・日曜・祝日

詳しい医院情報はこちら