京都市下京区 丹波口/四条大宮/五条大宮|ぜんそく(喘息)外来・咳喘息・呼吸器科|横村医院

075-841-2380|9:00~12:00、15:00~18:30 休診:木・土午後・日・祝

院長ブログ院長ブログ

現在のページ位置

4000安打の裏で8000以上の悔しい思い

2013.08.23 | 院長ブログ,野球

2013年8月22日、

午前8時にBSニュースが終わると、

大リーグのヤンキース vs ブルージェイズ戦の生放送が始まりました。

 

その初回、2番ライトで先発したNYヤンキースの “ICHIRO” 選手が、

日米通算4000安打にあと1本という打席に立ちました。

 

相手の先発はナックルを得意とするピッチャーで、1番バッターはあっさり凡退。

いよいよ2番の “ICHIRO” の打席、

外出予定のあった私は、どうしてもその瞬間を観たい!などと色々考えているうちに、

あっさりレフト前ヒット!、

ヤンキースの選手全員はもちろん、

スタジアム中、日本中が祝福するその1打を、

幸運にも”LIVE” で観ることができました。

 

 

試合後にインタビューで言っていたそうです。

 

「4000のヒットを打つには、8000以上の悔しい思いをしている」

 

 

オリックス、マリナーズ、ヤンキースと各チームで、

常に出場を続け、

その1打席1打席に立つための準備を毎日おこたらなかった、

これは8000打席以上の悔しい思いをする以前に、

つまり「打席に立つ」ために

想像できないような努力を毎日継続していたことになります。

 

 

野球、サッカー、その他のスポーツ全般に言えることですが、

日本人はフィジカルでは他国の選手と比べると、

欧米で結果を残すにはかなりビハインドがあり、

あまり公表はされませんが、

人種的な偏見とも常に戦っていると想像されます。

 

 

スポーツに限りませんが、

“IHIRO” 選手をはじめとする、

多くの偉業を達成する日本人であることを誇りに思うとともに、

海外で、そして日本で、

日々努力しておられるすべての方々を、

これからも毎日応援していこうと思います。

DSC_0205

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それから、

ICHI-METER のフランツさん、

できればこれからも “IHIRO” のヒットを数え続けてください!。

付帯情報

ブログ・医院からのお知らせ

  • ぜんそくコラム

内科・呼吸器科 横村クニック内科・呼吸器内科横村内科

京都府京都市下京区大宮通松原下る西門前町424

075-841-2380

※ ご予約・お問い合わせは、 診療時間内にお電話ください。
 

診療時間
9:00~12:00
14:30~18:00

★…木曜は 予約診療のみ
▲…土曜は 9:00~15:00(初診の方は12:00以降の予約制)
休診日:土曜午後・日曜・祝日

詳しい医院情報はこちら