京都市下京区 丹波口/四条大宮/五条大宮|ぜんそく(喘息)外来・咳喘息・禁煙外来・呼吸器科|横村医院

075-841-2380|9:00~12:00、15:00~18:30 休診:木・土午後・日・祝

ぜんそくコラム

現在のページ位置

「花粉症の時期は咳がでます」

2017.03.13 | ぜんそくコラム,季節によるもの,息苦しい,,花粉症・アレルギー性鼻炎,長引く咳,(咳)ぜんそく
タグ : , , ,

花粉症(アレルギー性鼻炎)と言えば、

鼻水、

鼻づまり(鼻閉)、

くしゃみ、

目のかゆみ、

など。

 

毎年2月末から、

3月初旬になると、

このような患者さんの来院が増えてきます。

 

今年(2017年)は、3月3日頃から、

皆さん調子が悪いようです。

 

時々ですが、

「花粉で咳が出ます」

という方が、相談に来られます。

 

ぜんそく(咳ぜんそく)の悪化のリスクとして、

様々な「花粉」が、

咳や息苦しさの悪化(発作)をおこすことが知られています。

 

鼻水が喉にたれ込んで、咳が出ているのか、

花粉が直接気管支を刺激しているのか、

どちらか鑑別するのは難しい時がありますが、

咳や息苦しさの発作は、

簡単で体に負担の少ない方法で、

予防、

あるいは、

治療することができます。

 

「花粉症なので、咳や息苦しさは仕方がない」と、

思う前に、

何かできることはないでしょうか?。

付帯情報

ブログ・医院からのお知らせ

  • 院長ブログ

内科・呼吸器科 横村クニック

京都府京都市下京区大宮通松原下る西門前町424

075-841-2380

※ ご予約・お問い合わせは、 診療時間内にお電話ください。
 

診療時間
9:00~12:00
14:30~18:00

休診日:木曜・土曜午後・日曜・祝日

詳しい医院情報はこちら